初の性感マッサージは大満足の結果となりました

30代前半の既婚です。小学生の息子と3人で暮らしています。

スーパーのパートで働いているのですが、そこの同僚に性にオープンな人がいて、性感マッサージの話をしているのを聞いたのが始まりでした。

若く結婚した私達夫婦はもう結婚生活も10年を迎えて夜の方はすっかりご無沙汰になっていました。

不倫を考えるほどではないけれど少し不満を感じてた私にとって、性感マッサージというのはバランスの取れたなんとも魅力的な話しに聞こえたのでした。

真面目な人と思われている私はその場は黙って同僚の話を聞いていましたが興味深々です。
店名は話していなかったので、家に帰ると早速近隣のお店を探しました。

そこで発見したのが「ミダレザクラ大阪」というお店です。
同僚が話していたお店と同じかどうかは定かではありませんが、妙にストレートな表現のホームページが気に入ってここに決めることにしました。

決めてしまうと行動したくなる私は早速翌日のパート後の時間を予約しました。
場所は普段行くことのない駅のラブホテルにして、駅前でセラピストとの待ち合わせをしました。
現れたのは30代の少し軽い雰囲気のセラピストです。
文句なしのイケメンというわけではありませんが、親しみやすい笑顔をしていますし清潔感があるので嫌な感じはまったくありません。
おしゃべりも上手で、緊張していた私はすっかりほぐされてしまいました。

ホテルに入ると彼は私がシャワーを浴びている間に手際よく準備を整えて待っています。
彼は冗談っぽく「お姫様どうぞ」というように扱ってくれ、私はバスタオルを巻いただけの状態でうつぶせになりました。
最初は普通のマッサージから始まりましたが、そのマッサージは力加減も絶妙で思った以上に気持ち良かったです。


正直適当に揉んであとはエッチなことと考えていたのですが、本格的にほぐされて予想外の気持ちよさを感じていました。

すっかりほぐされて緊張も薄れてきた辺りから、彼の手つきにイヤラシさが加わってきます。
少しずつ私の敏感なところをさぐりはじめ、全身を彼の指が貼っていきます。
体を完全に委ねてしまっていた私はその動きに敏感に反応してしまい、今までにない感覚が襲ってくるのを感じました。


背中を触られているだけでゾクゾクしてしまい、下半身が濡れていくのがわかります。
彼の手が局部に届いた時にはもう恥ずかしいくらいにびしょ濡れになっていました。

その後、彼に口で性器を愛撫された私は我を忘れて声を出して感じていました。
初めて会った人に感じさせられている興奮に何度も絶頂を迎え、時間いっぱいまで目一杯快感を味わいました。
期待はしていましたが、これほどまで感じることが出来るとは思っていなかったので恥ずかしいと思いながらも満足感に浸っていました。 

性感マッサージは未知の世界でしたが思い切って挑戦したのは大成功でした。
お店はやや怪しげでしたが、セラピストは誠実でしたし120分コースにしていましたが非常に短く感じました。
女性向け性感マッサージ全体がそうですが、やや金額が張るので頻繁に通えないのが残念です。
またミダレザクラ大阪を利用したいと思っていますが、

リピーター確定なだけにより使いやすくなるとうれしいです。

女性用風俗ミダレザクラ大阪-女性向け性感マッサージ

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *